研究内容

研究活動

神経内科疾患は多岐に亘り、私達は様々なテーマで研究を行っています。患者数の多い脳血管障害やパーキンソン病などの変性疾患に関する研究が多いですが、その他にも興味深い研究をいくつも行っています。
臨床研究のみならず、基礎研究室と共同で行っている研究もあり、関係する研究室に国内外問わず留学して頑張っているスタッフもおります。研究に専念するために、ある程度神経内科で研鑽を積んだ後に大学院へ進学したり、留学したりしています。
ここでは、この様な私達の研究の一部をご紹介します。尚、研究業績やスタッフ個人の研究テーマについては別ページをご覧下さい。

附属病院

附属病院での研究活動としては、脳卒中の超音波に関する研究を積極的に行なっています。特にME研究部と共同で行なっている超音波併用血栓溶解療法に関する研究、頸部血管で栓子検出を行なう装置を開発し臨床に適用する研究などを行なっています。更に、脳卒中急性期及び慢性期の治療に関するいくつかの全国規模の臨床研究に参加しています。また、若年性脳梗塞におけるファブリー病の頻度を明らかにすべく、多施設共同研究を行っております。他にも通院患者数が多い重症筋無力症の外来加療の実態などを臨床現場に還元すべく評価しています。
 基礎研究としては、当大学再生医学研究部・岡野ジェイムス洋尚教授の御指導のもと、ALSやパーキンソン病をはじめとした神経変性疾患における疾患iPS細胞の作製とin vitroにおける病態解析を行っています。
主な研究の概要を以下に示します。

  • 経頭蓋超音波併用脳血栓溶解療法
    診断用の経頭蓋超音波と血栓溶解薬(rt-PA)、更に超音波造影剤を併用することにより血栓溶解効果が増強され、再開通率と予後が有意に改善した、という臨床データが海外で報告されている。我々は、更に溶解効果が高く出血性合併症の少ない安全性の高い超音波条件を種々の基礎実験で証明し、治療用超音波装置を開発した。現在は誰もが使用可能な特殊な治療用振動子を開発中で、臨床試験を行なう準備をしている。
  • 頸部貼付型プローブを用いた新しい微小栓子診断法の研究
    日本人では経頭蓋超音波で頭蓋内血管が描出できないことも多いので、我々は頸部血管で血流が測定可能な貼付型プローブを開発し、頸部血管での新しい栓子検出方法を確立する研究を行なっています(基盤研究(C)(一般)、平成27年度〜29年度)。
  • 睡眠中発症および発症時刻不明の脳梗塞患者に対する静脈血栓溶解療法の有効性と安全性に関する臨床研究(先進医療)
    発症時刻不明の脳梗塞にMRI所見で一定の条件を満たす症例にrt-PAを投与する臨床研究である。最終未発症から4.5時間以内であった適応時間の拡大が期待される。
  • 倫理委員会承認済みの臨床研究
    1.
    非心原性脳梗塞急性期における抗血小板薬多剤併用療法(アスピリン+シロスタゾール)の有効性と安全性に関する多施設共同ランダム化比較研究
    2.
    非弁膜症性心房細動患者の脳卒中および全身性塞栓症に対するリバーロキサバンの有効性と安全性に関する登録観察研究
    3.
    塞栓症の原因となる微小栓子の検出力を向上した頸部超音波栓子検出装置の臨床適応性検討試験
    4.
    非弁膜症性心房細動患者の急性脳梗塞/TIAにおけるリバーロキサバンの投与開始時期に関する観察研究
    5.
    脳梗塞再発高リスク患者を対象とした抗血小板薬併用療法の有効性及び安全性の検討
    6.
    小径線維ニューロパチーにおける皮膚生検に関する研究
    7.
    脳梗塞における椎骨脳底動脈拡張の臨床的特徴に関する研究
    8.
    若年性脳梗塞の病態解明に関する研究
    9.
    iPS細胞を利用した難治性神経変性疾患に関する基礎的研究
    10.
    脳梗塞における椎骨脳底動脈拡張の臨床的特徴に関する研究
    11.
    当院における重症筋無力症患者の外来治療に関する研究
    12.
    HPVワクチン後の神経障害に関する研究
    13.
    パーキンソン病関連疾患の前向き観察研究
    14.
    塞栓源不明脳梗塞患者における7日間連続心電図記録器を用いた発作性心房細動検出の有用性に関する多施設共同研究

葛飾医療センター

研究活動として以下のようなテーマで行っています.

  • 1.
    携帯加速度計による錐体外路疾患の動作解析.
    2.
    神経変性疾患遺伝子多型解析.
    3.
    神経変性疾患のDAT SPECT/MRI DARTEL解析.

第三病院

症例の大半はパーキンソン病関連疾患、認知症などの神経変性疾患です。我々が行っている主な研究の対象もこれらの疾患が中心となります。具体的には、神経変性疾患の非運動症状に関するものであり、嗅覚と自律神経系に関する研究、心血管系の自律神経機能障害に関する研究、パーキンソン病の易疲労性に関する研究、パーキンソン病の睡眠障害に関する研究、パーキンソン病の消化管運動障害に関する研究、認知症の自律神経機能障害に関する研究です。
これらに関しては、倫理委員会審査会にて「パーキンソン病の非運動障害に関する研究」として認可されています。さらに当病院は未治療高齢者パーキンソン病の症例が多く、これらの臨床的特徴に関して精力的に研究を継続しておこなっています。

柏病院

研究活動として以下のようなテーマで行っています.

  • 1.
    各種神経疾患における嚥下障害の研究.
    2.
    卵巣腫瘍におけるTrousseau症候群の検討.