HOME > 教育・研究 > 研究活動

研究活動

 神経内科疾患は多岐に亘り、私達は様々なテーマで研究を行っています。患者数の多い脳血管障害やパーキンソン病などの変性疾患に関する研究が多いですが、その他にも興味深い研究をいくつも行っています。
 臨床研究のみならず、基礎研究室と共同で行っている研究もあり、関係する研究室に国内外問わず留学して頑張っているスタッフもおります。研究に専念するために、ある程度神経内科で研鑽を積んだ後に大学院へ進学したり、留学したりしています。
 ここでは、この様な私達の研究の一部をご紹介します。尚、研究業績やスタッフ個人の研究テーマについては別ページをご覧下さい。

附属病院

 附属病院での研究活動としては、脳卒中の超音波に関する研究を積極的に行なっています。更に、脳卒中急性期及び慢性期の治療に関するいくつかの全国規模の臨床研究に参加しています。また、若年性脳梗塞におけるファブリー病の頻度を明らかにすべく、多施設共同研究を行っております。他にも通院患者数が多い重症筋無力症の外来加療の実態などを臨床現場に還元すべく評価しています。
 基礎研究としては、当大学再生医学研究部・岡野ジェイムス洋尚教授の御指導のもと、ALSやパーキンソン病をはじめとした神経変性疾患における疾患iPS細胞の作製とin vitroにおける病態解析を行っています。
 主な研究の概要を以下に示します。

・睡眠中発症および発症時刻不明の脳梗塞患者に対する静脈血栓溶解療法の有効性と安全性に関する臨床研究(先進医療)

発症時刻不明の脳梗塞にMRI所見で一定の条件を満たす症例にrt-PAを投与する臨床研究である。最終未発症から4.5時間以内であった適応時間の拡大が期待される。

・頸部貼付型プローブを用いた新しい微小栓子診断法の研究

脳塞栓症の原因となる微小栓子を頸部血管で検出する新しい診断方法を確立し、日本人高齢者で経頭蓋超音波による頭蓋内血管検出率が低い臨床的問題を解決する。(平成27〜30年度科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)基盤研究(C))

・新規脳梗塞霊長類モデルの開発と再生研究

超低侵襲かつ標的血管選択性の高い、そして繰り返し経動脈的細胞投与が可能な新規脳梗塞霊長類モデルを確立し、脳梗塞再生医療のニーズに応える。(平成29〜31年度科学研究費事業(学術研究助成基金助成金)若手研究(B))

・レトロマーを標的としたパーキンソン病治療戦略

(平成30〜32年度科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)若手研究)

・倫理委員会承認済みの臨床研究

  1. 塞栓症の原因となる微小栓子の検出力を向上した頸部超音波栓子検出装置の臨床適応性検討試験
  2. 脳梗塞再発高リスク患者を対象とした抗血小板薬併用療法の有効性及び安全性の検討
  3. 若年性脳梗塞の病態解明に関する研究
  4. iPS細胞を利用した難治性神経変性疾患に関する基礎的研究
  5. パーキンソン病関連疾患の前向き観察研究
  6. 塞栓源不明脳梗塞患者における7日間連続心電図記録器を用いた発作性心房細動検出の有用性に関する多施設共同研究
  7. 経口抗凝固薬内服中に発症した脳卒中患者の登録研究
  8. 経眼窩窓超音波検査の観察研究
  9. パーキンソン病に伴う骨粗鬆症およびステロイド性骨粗鬆症に対するデノスマブの有効性の検討
  10. パーキンソン病関連疾患および認知症疾患における新規嗅覚検査法の有用性の検討
  11. 脳卒中研究者新ネットワークを活用した脳・心血管疾患における抗血小板療法の実態と安全性の解明
  12. 非弁膜症性心房細動を有する後期高齢患者を対象とした前向き観察研究
  13. 主幹動脈閉塞を有する軽症脳梗塞例の転帰関連因子の検討
  14. 脳卒中患者における転帰に影響を与える因子に関する研究
  15. 新たな脳卒中急性期診療体制に関する研究
  16. 脳卒中患者における画像検査に関する研究

葛飾医療センター

 研究活動として以下のようなテーマで行っています。

  1. 携帯加速度計によるパーキンソン病動作解析
  2. 脳神経核医学による神経変性疾患の発症前診断法の確立
  3. パーキンソン病の時間・表情認知に関する研究

第三病院

 主な研究対象はパーキンソン関連疾患、認知症などの神経変性疾患です。具体的には自律神経機能障害や認知機能障害などのいわゆる非運動症状に関するものです.心血管系自律神経機能障害の評価,嗅覚と自律神経系に関する研究、起立性低血圧,食事性低血圧や24時間血圧変動異常などの血圧循環障害と認知症に関する研究、嗅覚と核医学検査との関連に関する研究などです。当病院は未治療高齢者パーキンソン病の症例が多くこれらの臨床的特徴に関して精力的に研究をおこなっています。

柏病院

 研究活動として以下のようなテーマで行っています。

  1. 神経筋疾患における嚥下機能検査の検討
  2. ALSにおける胃瘻造設時期の検討
最上部へ
東京慈恵会医科大学
内科学講座 神経内科