HOME > お知らせ一覧 >

【報告】国際脳卒中会議2019(International Stroke conference 2019)参加

研修医・レジデント

国際脳卒中会議(ISC2019, 2/6-8, Honolulu)、慈恵医大神経内科からは3名(坂井健一郎、作田健一、佐藤健朗から計4演題採択)の参加です。昨年のISC2018ではDEFFUSE3の結果発表と脳梗塞治療ガイドラインの改定が発表されたため大いに盛り上がりました。今年は臨床現場を大きく変えるようなTrialの発表はありませんでした。興味深い講演は、1)脳出血に対する積極的外科的治療、2)脳小血管病、2)血管内治療、3)DOAC関連、4)ESUSを振り返る等でした。我々からも研究成果を世界へ発信し、明日への臨床、研究、教育への活力を得ました。2月25日17時30分から医学生・研修医勉強会(慈恵医大新大学2号館7階701会議室)においてISC2019学会参加報告を開催します。今年のISCはどうだった?といった話だけなく、国際学会へ行くってどうなの?といった話など、多岐にわたって講演する予定です。皆さん是非参加してください。

最上部へ
東京慈恵会医科大学
内科学講座 神経内科