HOME > 研修医・レジデントの先生へ

研修医・レジデント・大学院生募集要項

対象:医学生、初期研修医、後期研修医

一緒に神経疾患を極めよう!

慈恵医大 神経内科は、下記を随時受け付けています。

1.施設・医局の見学
2.総合診療的研修を含めた神経内科研修プログラムの確認
3.大学院プログラムの確認
4.医学生・初期研修医向け神経内科教育プログラムの申し込み、受講

超高齢化社会に突入する日本、神経疾患とともに生活する方々は年々増加しています。在宅医療を展開するなら迷わず「神経内科」。神経疾患の病態解明と創薬を目指したければ、迷わず「神経内科」を選択です。
「新専門医制度で内科系を選択することは不安」と考えている皆さん、私たちは慈恵大学全体で協力して新専門医制度への対応に取り組んでいます。慈恵内科は、新専門医制度を見越した後期研修制度を10年以上前より独自に立ち上げているため、ノウハウは満載。安心した研修生活を送ることが可能です。
まずは、下記まで連絡を。

担当 教育長 大本 周作 s-omoto@jikei.ac.jp 内線 3282

治療も研修もオーダーメードの時代

皆さんの希望に添ったプログラムを一緒に組み立てませんか?当科若手医師のプログラム例、さらに特徴を紹介いたします。

1.神経内科専門医、総合内科専門医資格の取得が可能
2.大学院博士課程修了、もしくは学位論文提出により学位の取得が可能
3.初期研修修了、後期研修修了もしくはコース変更も受け入れ可能
4.後期研修3年目(医師5年目)は、派遣病院ではなく「最も適切な研修施設」を選択する事が可能

プログラム例

慈恵医大 神経内科スタッフは、各自のライフスタイルにあったプログラムを選択し、充実した医師生活を過ごしています。
まずは、下記まで連絡を。

担当 教育長 大本 周作 s-omoto@jikei.ac.jp 内線 3282

最上部へ
東京慈恵会医科大学
内科学講座 神経内科